六角脳枕の凸凹構造は何なの?

六角脳枕は、他の安眠枕とは違って面白い形状をしています。

どんな形をしているのかと言うと、上から見ると六角形で、横から見るとWの形をした凸凹の形状になっています。

自然界の中にも、六角形になっているものが、ハチの巣や人間の細胞などなどいろいろあります。

六角形のデザインにした理由は、単に開発者が人体にマッチした心地よい睡眠環境をデザインしたくて六角形のハニカム構造を選んだのだそうです。

六角脳枕の良さを発揮しているのは、この六角形という訳ではなく、横から見たWの形をした凸凹の形になります。

六角脳枕が凸凹の形状になっているのは、寝返りを打ちやすい環境を作りだすためなのだそうです。

実は、私達は寝ている間に20回とか30回くらいの寝返りを打っていると言われています。
寝返りをうっている状態の時には、仰向けの時もあれば横向きになっているときもあります。

どちらの場合でも首や肩の筋肉に負担がかからないようにしているのが六角脳枕が凸凹なのだそうです。

寝ている最中に、首や肩の筋肉に負担がかかり過ぎると首こり・肩こりになってしまいます。

ですので肩こり・首こりでお悩みの方は六角脳枕を使ってみるのをオススメします。

また、六角脳枕の凸凹は、寝返りを打つ際に心地よい揺れを作り出して眠りに入りやすい状態を作り出します。

この点が他の安眠枕と六角脳枕の大きな違いだと思います。

<おすすめ快眠枕情報サイト>

六角脳枕:人気の快眠枕「六角脳枕」の情報サイトです。