14種類ある内の初心者が用意するべきゴルフクラブとは?

1回の試合をホールと言いますが、そこでは最大14種類のゴルフグラブを使いことが認可されています。逆に言えば14本も高いゴルフクラブを買わなくてはいけないのかということを思う人もいる人もいるかと思いますが、初心者はまずその半分あれば大丈夫です。徐々に慣れていきましょう。

ゴルフがお金持ちのスポーツというイメージがあるのは、こうしたゴルフクラブの事情があるのですね。

スタート地点からゴールまで最短のルートを使ってゴールする。

それがゴルフの基本です。

これは単純にように思われますが、ルートには軽いショットが必要な場面もあれば、ロングショットで一気に狙える場面もあります。計算が必須なスポーツがゴルフなのです。

ゴルフクラブによってボールが飛ぶの飛距離は全く違います。それを計算することがゴルフの肝なのです。

初心者は自分が打てる筋力とゴルフクラブを比較して、計算して数値を出し、最初は半分の7つのゴルフクラブを選ぶことが重要であるといえます。

ゴルフクラブを選ぶのは、足し算の連続ですね。

ゴールを10とすれば、例え7のゴルフクラブを選ぶとしても2回打ってと7と7を足しても14であって10には届きません。

計算して10にすることがゴルフにおいては重要であり、ゴルフクラブを選びは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です