ドライバーの選び方のポイント

最初のショットに重要なゴルフクラブであるドライバーですが、ドライバーを選ぶ際のポイントを簡単に説明していこうと思います。

まず、重さです。平均的な成人男性の場合は300グラム程度とされていますが、個人差があります。

振ってみて、少し重いと感じるくらいの自分の筋力に合った重さがベストです。

軽いほど振りやすくて初心者に向いていると思うかもしれませんが、それは間違いです。

軽すぎると飛距離が伸びず、いつまで経ってもゴルフの感覚を掴むことができません。

次にロフト角です。

ショットを打つ部分は鳥のくちばしに似た四角形をしています。

そこに持ち手の棒が伸びており、垂直に立てた時に棒がショット部分のくちばしの顔に近い部分、つまりメインとなるショット部分ではない方に飛び出ている部分と棒との角度をロフト角といい、これが非常に大切で、これが広ければ広いほど初心者は扱いやすいです。
また、ショット部分であるヘッドは大きければ大きいほどいいです。

硬さについても重要で、「L」「A」「R」「S」「X」という種類があります。

一般的な男性を「R」として「X」に近づくほど筋力がいります。

自分に合った硬さが必要です。

実際に振ってみてトライバーを適切に選びましょう。