ゴルフ会員の保証金について

最初はゴルフをやる気満々だったからゴルフ会員権を取ったのに、仕事の都合でなかなかゴルフ場に通えなくなった。

そんなゴルフ会員権の売買については二種類の方法があります。
・保証金制度
・株式制度
です。

株式分配のように「株式」としてレートを動かすところは、、戦前からの古いゴルフ場が多用しています。

逆に新規のゴルフ場では「保証金」として扱うことが多く、今では大多数です。

「株式」はご存知の通り。

「保証金」について説明していきたいと思います。退会すると返金されます。

ただ、市場価格の方が高額になっているのが現状です。

「退会で返金」より売却する方が吉というのが一般常識です。

また、最大のリスクがあります。退会による保証金の返金で、ゴルフ場は返金できないという理不尽があります。

会社にとっては、返金が集まって、自己破産をすればそれで0円です。

そうしたゴルフ場もあります。悪徳ゴルフ場です。

つまり、保証金が完全に安全なわけではありません。
・時期
・世論
・株式情報

そうした様々な条件を熟してゴルフ場の経営についてしっかりと考えていくことが最も有効なゴルフ会員権の使いどころです。

ゴルフ場はただの平面ではありません。

頭を動かすことが必要です。

会員制ゴルフ場のメリットとその特性とは?

ゴルフ会員権。

それはゴルフ場を使用するための会員となるものです。

殆どのゴルファーが持っているものですね。その数、推定にして9割とも言われています。

ゴルフ会員権を手に入れればそれだけの特典があります。

そのゴルフ場で利用権を得られない非会員に比べ割安でプレー可能となります。

これは極めて得です。会員権を持っているゴルファーは、素人よりも後に先枠での予約をしても優先的にゴルフができます。

割引券となり優先的に参加資格を得られるのが最大のメリットなのですね。

ゴルフ会員権の会費は、多くの場合だと年会費制で1年に1回の支払いという形になっています。

自動引落で払うゴルフ場が多いです。

年会費は、ゴルフ場によって様々です。

幾らであるかということには明白には答えられません。

ただ、「平日限定会員」など特別な会員制度を設けてあるクラブも多いので、自分に合ったゴルフ会員権を手に入れることが最善の策でしょう。

メリットは多くのゴルフをできること。

デメリットはゴルフにのめり込んでいない人にはお金がかかること。

それがゴルフ会員権なのです。

ゴルフをする回数によって違ってきます。

また、ゴルフの質を求めるによって違ってきます。

ゴルフ会員権には様々な特性があるのですね。