六角脳枕の凸凹構造は何なの?

六角脳枕は、他の安眠枕とは違って面白い形状をしています。

どんな形をしているのかと言うと、上から見ると六角形で、横から見るとWの形をした凸凹の形状になっています。

自然界の中にも、六角形になっているものが、ハチの巣や人間の細胞などなどいろいろあります。

六角形のデザインにした理由は、単に開発者が人体にマッチした心地よい睡眠環境をデザインしたくて六角形のハニカム構造を選んだのだそうです。

六角脳枕の良さを発揮しているのは、この六角形という訳ではなく、横から見たWの形をした凸凹の形になります。

六角脳枕が凸凹の形状になっているのは、寝返りを打ちやすい環境を作りだすためなのだそうです。

実は、私達は寝ている間に20回とか30回くらいの寝返りを打っていると言われています。
寝返りをうっている状態の時には、仰向けの時もあれば横向きになっているときもあります。

どちらの場合でも首や肩の筋肉に負担がかからないようにしているのが六角脳枕が凸凹なのだそうです。

寝ている最中に、首や肩の筋肉に負担がかかり過ぎると首こり・肩こりになってしまいます。

ですので肩こり・首こりでお悩みの方は六角脳枕を使ってみるのをオススメします。

また、六角脳枕の凸凹は、寝返りを打つ際に心地よい揺れを作り出して眠りに入りやすい状態を作り出します。

この点が他の安眠枕と六角脳枕の大きな違いだと思います。

<おすすめ快眠枕情報サイト>

六角脳枕:人気の快眠枕「六角脳枕」の情報サイトです。

 

六角脳枕に使われている素材について

六角脳枕は、低反発枕に分類されます。

カバーの中身に使われているのは、独自に開発されたウレタン素材の「低反発マイクロウェーブ素材」です。

低反発枕の特徴としては、頭を乗せると程よく沈むのでフィット感が良いです。

それと硬すぎないので気持ち良く眠ることができますね。

低反発マイクロウェーブ素材に関しては、他にも高い通気性と肌ざわりの良さ。

更に、「気温の変化に対して強い」という特徴もあります。

一般の低反発枕は、フィット感もあり、耐圧分散性による肩こり、首こり解消効果があると言われていますが、実は寝返りがし難いそうです。

ところが、六角脳枕の場合は、頭に接する面がWの形に形成されていて、この形が寝返りしやすくしています。

六角脳枕ってどんな感じ?

本来ならベッドで目が覚めたら清々しい朝を迎えて気分も最高なハズ・・・

でも、かくれ不眠や朝起きた時の首こり、肩こりにお悩みの方も多いようですね。

首の後ろの方が凝り過ぎると、頭痛の原因にもなったりします。

そんな悩みの解消に最適だと言われているのが六角脳枕という快眠枕になります。

今まで、この六角脳枕は、いろんなテレビ番組でも取り上げられてきましたし、ネットメディアでも多く取り上げられています。

また、フットサルのアスリートやスピードスケートのアスリートなどにも愛用者がいて人気があります。

六角脳枕の特徴としては、その形状です。

上から見るとその名の通り六角形なんですが、横から見るとWの形をしているんですね。
このWの形が、寝ている最中にスムーズに寝返りが出来るように設計されています。

人は寝ている最中は、大体20~30回ほどの寝返りをするそうです。

この寝返りがスムーズにできると首や肩の負担も無くなり、首や肩のこりも解消されますし、イビキの問題の解消にもなります。

もし、あなたが首こり、肩こりなどでお悩みならば、六角脳枕を使ってみてはいかがでしょう?