シャンクやスライスに悩んでいる初心者には「Web講座 ゴルフスイング物理学」がオススメ

せっかくゴルフを始めたんだけど、なかなか上達しなくて、自分でいろいろと情報やゴルフ教材などを探して正解が見つからなくて悩んでいる方もいると思います。

でもYoutubeにある小澤康祐さんの動画を幾つか探して見てみてください。

初心者が良く悩む原因であるゴルフのシャンクやスライスなどの改善方法や、誤ったスイングの時の身体の動きの仕組みとその対策などなどが解説してあるYoutube動画などもあります。

実は、これらのYoutube動画は「Web講座 ゴルフスイング物理学」というインターネットを利用したゴルフレッスン講座の無料サンプル動画になります。

これらの無料サンプル動画を見るだけでも、いろいろなヒントが得られるので有益なのですが、本気でゴルフを上達したいと思っている方には、「Web講座 ゴルフスイング物理学」を正式に受講されることをオススメします。

従来のゴルフレッスン動画だとDVDだったりしますので、自宅で見るしかありませんでした。

しかし、「Web講座 ゴルフスイング物理学」は、インターネットを使った動画配信なので、自宅で落ち着いてみることができるほか、タブレットやスマホ、モバイルPCなどがあれば、いつでもどこでもレッスン動画を見ることができます。

また、レッスンは運動学や物理学を見てベースにした理解しやすい内容になっているので初心者でも理解できるようになっています。

「Web講座 ゴルフスイング物理学」は、口コミでも結構、評判が良いので興味がある方は受講されることをオススメします。

初心者がゴルフを覚えるポイントについて

初心者はまず上級者にゴルフを教えて貰いましょう。

それが上司や取引先などだとより良いですね。

上の立場にいる人というのは、「自分よりもちょっと弱いくらいの上級者」のゴルフプレイヤーを求めています。

勝負をするからには勝ちたいという気持ちを持ってはいるのですが、相手にならない相手に勝っても嬉しくありません。

そのため、そうした人についていけばある程度の基礎は手取り足取り教えてくれます。

教える方も気持ちよく教えてくれますし、教えられる側もレッスン料なしに細かな技術を手に入れることができます。

勝負ができるレベルにまで技術を上げる最も簡単な方法です。

今だとユーチューブなどでゴルフレッスン動画などもたくさん上げられていますし、ある程度はテキストなどで覚えることができます。

ただ、やはり実践に勝る上達方法はありません。

初心者ということを理由に実践で「負け役」を演じて、上級者についていくのが最も楽な技術上達方法でしょう。

上級者というのは初心者に初心的なことを訊かれると上機嫌になるものです。

自分が教えてやっているという感覚はゴルフというスポーツならではの優越感と快感でしょう。

仕事を教えるのは面倒ですが、楽しいものを教えて相手が楽しんでくれると誰でも嬉しいものです。

14種類ある内の初心者が用意するべきゴルフクラブとは?

1回の試合をホールと言いますが、そこでは最大14種類のゴルフグラブを使いことが認可されています。逆に言えば14本も高いゴルフクラブを買わなくてはいけないのかということを思う人もいる人もいるかと思いますが、初心者はまずその半分あれば大丈夫です。徐々に慣れていきましょう。

ゴルフがお金持ちのスポーツというイメージがあるのは、こうしたゴルフクラブの事情があるのですね。

スタート地点からゴールまで最短のルートを使ってゴールする。

それがゴルフの基本です。

これは単純にように思われますが、ルートには軽いショットが必要な場面もあれば、ロングショットで一気に狙える場面もあります。計算が必須なスポーツがゴルフなのです。

ゴルフクラブによってボールが飛ぶの飛距離は全く違います。それを計算することがゴルフの肝なのです。

初心者は自分が打てる筋力とゴルフクラブを比較して、計算して数値を出し、最初は半分の7つのゴルフクラブを選ぶことが重要であるといえます。

ゴルフクラブを選ぶのは、足し算の連続ですね。

ゴールを10とすれば、例え7のゴルフクラブを選ぶとしても2回打ってと7と7を足しても14であって10には届きません。

計算して10にすることがゴルフにおいては重要であり、ゴルフクラブを選びは重要です。